委員会

委員会

≪年間テーマ≫

『情意心(じょういしん)』


≪基本方針≫

 情意心 ~情(こころ):他人に頼り、他人を深く考える事。意(こころ):自分で深く考える事。心(こころ):情と意を兼ね備えた心の事。  2019年度、池田会長が掲げられるスローガン『変革2019~佐世保YEGの認知度向上を目指して~』を達成していく中で、毎月(年10回)行われる例会は大変重要であると感じております。  その中でこの例会委員会が立ち上がった意味・経緯を深く理解し、池田会長が何を会員に求め、その答えをどの様に伝えて行き、その事によって佐世保YEGが今後益々発展していく事が出来るのかを重要課題と捉え、例会を毎回開催して行きたいと考えております。  例会の企画立案から運営までを当委員会が中心となり、また合同例会開催時は担当委員会と相互理解を深め、例年以上の例会を開催したいと決意しております。行かなければならないから、参加するのではなく、参加出来なかった会員自身が成長する機会を逃してしまったと感じるような、身になりそして何より楽しめる例会を実施してまいります。  私事になりますが、平成28年度に会長を勤めさせて頂き若干では有りますが、青年部とは、組織とは、人間関係とは等、学ばせて頂いた事を微力ながらも精一杯発揮してこの例会委員会委員長を委員会会員と共に成長しながら勤めてまいります。


≪事業計画≫

① 4月5月8月9月10月12月例会の企画立案、実施
② 7月シーフェス決起例会 地域活性化委員会との合同例会企画立案、実施
③ 2月提言書お披露目例会 未来創造委員会との合同例会企画立案、実施
④ 11月YEG会(家族会)の企画立案、実施
⑤ 1月新年会の企画立案、実施
⑥ 新入会員4名以上の獲得


委員会

≪年間テーマ≫

『感謝』


≪基本方針≫

 年間テーマにも掲げている「感謝」の気持ちを常に持ち続けることで、人と人とが出逢いお互いを理解し、いつしか高めあっていくものだと信じております。  皆さんお気づきでしょうか、私たち会員は青年部に入会していなければ仲間にはなっていません。当たり前に委員会や例会が行われているように思われがちですが、先輩たちが培ってこられた努力のおかげだと思います。 今までにもこれからにも感謝の気持ちを忘れず邁進していきますので、一年間よろしくお願い致します。 また、総務委員会と連携を取り、佐世保YEGの活動内容を様々な媒体を活用し、リアルタイムに広報していきたいと思います。


≪事業計画≫

① リーダー創出研修(模擬役員会を毎月の委員会で実施し、「リーダー」等の役職を経験)
  1)毎月、役職を変更して委員会の実施。流れを経験し組織力の強化を図る。
 2)判断力・コミュニケーション能力・育成能力・業務実行力等の能力向上を図る。
  3)模擬役員会で経験した達成度合いや、活動内容を報告してコミュニケーションを促し委員会のベクトルを揃え会全体の活性化を図る。
  4)OB・OGの先輩をお招きし、リーダーとして組織を発展させる責務やひとつの目標をやり遂げた時に得た達成感について話して頂く。
② 新入会員研修会(2回)
  1)佐世保YEGの組織等・要覧(会則・規則・規定)について説明。
③ HPの内容を刷新し、対外向けにインターネットを活用した情報発信・PR活動
④ 新入会員4名以上の獲得


委員会

≪年間テーマ≫

『凡事徹底』


≪基本方針≫

 第15回させぼシーサイドフェスティバル2019の企画・立案・準備・運営を行います。  平成30年度同様、全体事業であるシーフェスを、青年部の皆様を代表して当委員会メンバーが企画・立案を行いますが、準備・運営では青年部会員の皆様には大きな負担・労働をお願いすると思われます。 しかし、佐世保市民・来場者の方々のため、また、佐世保商工会議所青年部の発展・飛躍のためには、やり遂げなければならない事業です。  関係者すべての方々、来場者の方々が、笑顔で満ち溢れるシーフェスを作っていきたいと思います。また、今後のシーフェスの継続のための委員会も行います。その後は、新年会に向けて例会委員会へのサポートを行います。  『凡事徹底』を委員会テーマに掲げ、あたりまえのことを徹底的にやる! 委員会活動をとおして、メンバー各事業所でも同様の取り組みを行っていただくことで、青年部活動を通じた事業所の発展へも貢献できるように勤めていきたいと思いますので、皆様のご協力を宜しくお願い致します


≪事業計画≫

① シーサイドフェスティバル
  12月~1月
  企画書作成・班構成・大枠催事案
  2月~3月
  企画・打合せ・広報計画・協賛計画
  4月~6月
  協賛活動・広報活動・企画・打合せ・プレス発表・連絡調整会議
  7月
  協賛活動・広報活動・最終打合せ・当日行動計画・周知・決起
  8月~
  第15回させぼシーサイドフェスティバル2019実施・検証
② 7月シーサイドフェスティバル2019決起例会の例会委員会との合同例会企画立案、実施
③ 日本YEG役員会・オリエンテーション(1月)の準備、手配及び運営
  (地域活性化委員会・総務委員会)
④ 新入会員4名以上の獲得


委員会

≪年間テーマ≫

『実行』


≪基本方針≫

 提言が実行される際に、青年部会員の皆様が様々な分野で活躍でき事業に結び付けができるような委員会活動を目指していきます。  平成30年度では、佐世保市政に対して地方自治体と連携し、活発的な意見交換をおこなってまいりました。2019年度も引き続き、産官との連携を継続していき、住みよい街・美しい街・活気ある街などいろいろな観点からのまちづくりを目指し、佐世保が魅力ある街へとなっていくために、行政に対し『実行』できる提言を行っていきます。


≪事業計画≫

① 産官連携の強化
  昨年度までに培われてきた行政と佐世保YEGとの交流を継続しいきます。
  翌年度以降も交流を継続できるよう、未来へ繋がるための土台作りをします。
② 提言に向けた意見交換会の実施
  佐世保YEG内、佐世保商工会議所各部会、行政との意見交換会を継続していくことで、様々な意見を集約し魅力あるまちづくりに向けた提言を行います。
③ 市民の声を反映
  行政や企業の意見だけではなく、他団体やこれからの佐世保を担っていく学生などと意見交換会を行い、佐世保に暮らす市民の声を反映させていきます。
④ 実行ある提言
  過去の提言内容を基にさらなる提言を取りまとめていきます。
  提言の実現へ向け、佐世保YEGの認知度が向上する活動を行います。
⑤ 新入会員4名以上の獲得


委員会

≪年間テーマ≫

『事業所の発展に繋がる知識習得』


≪基本方針≫

 「人材育成」、「組織力強化」、「コミュニケーション能力の向上」の3つは事業所の発展の為には欠かす事のできない重要なキーワードだと思いますが、この問題に悩まれている方も多いと思います。これらの問題が全て解消出来るとしたらどうでしょうか。  そこで、外部講師をお招きして、皆様の様々な悩みを解消できるような内容の研修会や勉強会を企画しています。  経営向上委員会での研修、勉強会により、会員皆様の事業所の発展に寄与できるよう、全力で取り組んで参ります。


≪事業計画≫

① 研修会の実施
  外部講師による事業所の発展や様々な問題を解消出来る「コーチング」に特化した、研修会を実施します。
② 勉強会の実施
  外部講師から習得した知識を委員会内で勉強し、より深く知識習得に努めます。
③ 若手後継者等育成事業
  若手後継者等育成事業を活用した事業。
④ 新入会員4名以上の獲得


委員会

≪年間テーマ≫

『 変革のための下支え 』


≪基本方針≫

 毎月の例会の運営、総会の企画運営、役員会議事録作成、厄入り厄晴れ祈願祭の運営、 次年度要覧作成、会長選挙管理委員会の立上、運営など青年部にとって必要不可欠な業務のすべてに携わる委員会となりますので、まずは、青年部活動の「当たり前」の部分をしっかりと全うしたいと思っております。  上記部分を踏まえ、先輩方々が作り上げてきた歴史あるこの団体をさらに確固としたものにし、今後の青年部の活動を発展させるため、会則の見直しや規約事項の追加等、より良い経済団体としてのあるべき体系づくりを行っていきたいと考えております。


≪事業計画≫

① 総務委員会の業務
  例会の会場設営、出欠確認、CD・会旗準備、総会の企画運営、HP更新
  会長選挙管理委員会の立上、運営
  厄入り厄晴れ祈願祭の運営
  次年度要覧の準備校正・写真の撮影管理
  その他、会の運営に必要なすべての業務
② 規定・会則の見直し
  一人ひとりが青年経済人として、会の運営に参加しやすく、互いに支え合い、より良い経済団体としての在り方を目標にし、仮に臨機応変さを求められる状況に見舞われたとしても、今まで以上にスムーズに運営していく方法を会全体として実践していくために、会則や規定等の確認や見直しを委員会で協議し、提案を行っていきます。 ③ 日本YEG役員会・オリエンテーション(1月)の準備、手配及び運営
  (地域活性化委員会・総務委員会)

日本商工会議所青年部問い合わせ